早漏になる、やってはいけないオナニー方法とは?

 

早漏の方の大半は、良くないオナニーをしています。

 

そういったオナニーのせいで、
実際のセックスでも早く射精してしまうのです。
オナニーで1分持たない人が、
本番でいきなり10分我慢できるようになるはずがありません。

 

早漏の原因はオナニーによって出来上がります。
オナニーを改善して、早漏を克服しましょう。

早漏を招くオナニーとは?

 

 

射精までが早い

 

まず、ささっと射精してしまおうとするようなオナニーは厳禁です。

 

無意識であろうが意識していようが、
オナニーをすぐに済ませているような方は大半が早漏です。

 

まずはこの習慣を改善しなければ、早漏が改善する事もありません。

 

 

では、なぜすぐにオナニーを済ませようとしてしまっているのかを考えていきましょう。

 

まずは「オナニーへの後ろめたさ」です。
オナニーへの後ろめたさを感じてしまう方は少なくないはずです。
しかし、だからと言って、抜くのを我慢する事はできない。
だから、すぐに射精して終わらせようとするのです。

 

もう1つは「10代くらいまでのオナニーの習慣」です。
どういうことかと言いますと「親にバレないようにオナニーしていた」という事です。
年頃の少年が親にオナニーを見られては、立ち直れないくらいのショックを受けますから、
バレないようにすぐに終わらせていた方はたくさんいると思います。
大人になって環境が変われば本当は大丈夫なのですが、
10代の頃の習慣が成人してからも続いてしまっている方は多いようです。

 

いずれにせよ、
早く射精する事に慣れてしまうと早漏に陥ってしまうので、注意が必要です。

 

 

皮オナニー

 

いわゆる「皮オナニー」でも早漏になってしまいます。

 

これは、性器の皮で亀頭に刺激を与えるオナニーの事です。

 

別に問題がないように思えるかもしれませんが、
これでは亀頭を強くする事ができません。

 

性器において最も過敏な場所は亀頭です。
ですから、日頃から亀頭を鍛えなければ早漏は治らないのです。

 

皮オナニーではダイレクトな刺激が亀頭に及ばなくなるので、
好ましくないのです。

 

また、包茎の方が皮オナニーばかり行っていると、
包茎が改善しなくなる場合が多いです。

 

 

そもそも包茎の方は早漏に陥りやすいです。
(包茎の早漏は包茎性早漏ともいいます。)

 

ですから、まずは皮オナニーを行わないようにしましょう。
そうすれば、包茎も改善しやすくなります。

 

皮オナニーは避けて、亀頭を無理のない範囲で露出させて、
亀頭オナニー(亀頭を直接刺激するオナニー)をしましょう。

 

 

早漏を治すオナニーもあります

 

 

寸止めオナニー

 

早く射精するようなオナニーでは早漏に陥りやすくなる、
というのは先ほど説明した通りです。

 

つまりはオナニーに時間を掛けるべきという事なのですが、
具体的にはどうしていけば良いのでしょうか。

 

 

シンプルな方法があります。

 

発射する寸前で射精をこらえるのです。
俗に言う寸止めオナニーです。

 

「スタート・ストップ法」と呼ばれる、名の知れた早漏改善方法がありますが、
それと似たような発想です。

 

発射寸前で耐える→扱く→また耐える→扱く…
のサイクルを続ける事になります。

 

そうする事で、段々といくまでの時間が伸びていきます。

 

 

軽めの早漏の場合は、この寸止めオナニーだけで改善する可能性もあります。
ですが、重めの早漏の場合は効かないかもしれません。

 

早漏とは「射精を我慢できない」事です。
そういった方に対して「耐えて下さい」と言っても、どうにもならないはずです。

 

過剰に寸止めすると、膀胱に精液が流れ込んでしまう場合があります。
これは、大変危ない事です。

 

ですから、寸止めオナニーは無理のない範囲で行うようにしましょう。

 

 

オナニーにローションや石鹸を用いる

 

ローションや石鹸を用いてオナニーするという手段もあります。

 

オナニーは普通はティッシュや手でするでしょうが、
その場合、潤いが足りなさ過ぎて性器を傷つけてしまう可能性もあります。

 

ローションや石鹸を用いれば、
程良くヌルヌルしてくれるので、性器にダメージを与える事なく、
鍛える事が可能です。

 

ちなみに、しみけんさん(AV男優)曰く、
「石鹸で性器の内版を洗浄すると早漏が改善する」そう
です。
もちろん、石鹸を用いればペニスが綺麗になりますから、そういった意味でもおすすめなのだそうです。

 

ただ、これも寸止めオナニーと同じく、軽めの早漏にしか効かないようです。

 

 

オナホールを用いたオナニー

 

オナホールを用いてオナニーを行うと早漏が治るとされています。

 

膣の感覚と普通のオナニーは完全に異なります。

 

オナホールを用いれば、本番のセックスの感触にかなり近くなるので、
トレーニングの効果がかなりアップします。

 

 

ですが、オナホールをそのたび洗浄する必要があるので、
少し大変かもしれません……。

 

「使い捨てなら楽なのでは?」と感じるかもしれません。
しかし、テンガなどの使い捨てタイプだと、
通常のオナホールに比べてリアルさに欠けるので、
あまり意味がありません。

 

 

AV男優が推奨するオナニーの手段とは?

 

  • 寸止めオナニー
  • ローションや石鹸を用いるオナニー
  • オナホールを用いるオナニー

が、ここまで紹介してきた早漏を治すオナニー方法です。

 

ですが、どの手段にもメリット・デメリットがあります。

 

 

そこで、それぞれの「良いところどり」をした最強の手段が存在します。

 

それがスパーキー佐藤の早漏改善トレーニングです。

 

 

AV男優のスパーキー佐藤さんは、
早漏で困っていた時期もあるそうです。
そんな彼だからこそ発明できたトレーニング法が、
スパーキー佐藤の早漏トレーニングなんですね。

 

詳細は以下のサイトをご覧ください。

 

>>現役AV男優スパーキー佐藤が教える早漏対策