騎乗位で早漏を防止するテクニック

 

男性の上に女性が乗って、ペニスを膣内に挿入。
そして女性が腰を動かしてピストン運動をする体位のことを騎乗位と言います。
これは、トップクラスで男性が速く射精しやすい体位であるとされています。

 

女性は得てして、騎乗位の際にどんどん腰を動かしてくるものです。
女性の性的快感が高まってくれば、腰のスピードがどんどん速くなってきます。

 

男性の方からコントロールできる事はほとんどないので、
早漏の方にとってはかなり厳しい体位であると言えます。

 

では、騎乗位で早漏の方が我慢するにはどうすれば良いのでしょうか。

 

 

早漏男性が騎乗位で我慢するには?

 

「自分で制御できる部分がほとんどない」というのが、
騎乗位ですぐに射精してしまいやすい原因です。

 

女性が腰を振って、男性器と膣との間にどんどん摩擦が起こるわけですから、
当たり前ですよね。

 

 

ですから、女性に動きをストップしてもらえば、
早漏を防ぐことができます。

 

ただ、その際に
「動かすの止めて!」などと言葉にするのは良くありません。
女性のテンションが一気に下がってしまうからです。
また、それ以降騎乗位をしてくれなくなってしまうかもしれませんよね。

 

言葉を使わなくても、体位をちょっと変えれば、
ナチュラルに腰を振るのを止めてもらうことができます。

 

俗に言う、抱きつき騎乗位(抱え騎乗位)の体位を取りましょう。

 


画像出典元:夜の教科書.com/kijoi-588.html

 

シンプルな体位であり、再現するのも簡単です。

 

普通の騎乗位から、自分の方に女性の上半身を寄せて抱きます。
そのまま、腰を強めに抱えれば、女性は腰を振れなくなります。

 

これで、男性優位の状態に移行できます。

 

 

この手段であれば、
早漏だとバレる心配が全然ないのでおすすめです。

 

「私が動いて疲れていると思って、今度はあなたが動いてくれるのね」
と女性側は感じてくれるので、心配はいりません。

 

実際、それもある意味間違いではなく、
騎乗位は女性にとってかなり疲れる体位です。

 

ですから、早漏防止を兼ねて、自分が射精しそうになったときに、
抱きつき騎乗位で休ませてあげてください。

 

抱きつき騎乗位で耐えることができたら、
今度は男性側が腰を振ってあげてください。
性器で突き上げるような感覚ですね。

 

女性を休ませてあげることもできますし、
早漏を防ぐこともできますから、お互いにとって良いことずくめです。
試してみて下さいね。

 

 

根本的に早漏を治すには

 

体位を工夫することで早漏は改善できるのは、たしかです。
しかし、もっと根本的に早漏を治したい場合は、
一度ご自分の早漏の原因と向きあう必要があるでしょう。
そもそも原因がわからなければ、有効な解決策はわかりませんから・・・。

 

以下のページで、あなたの早漏の原因を調べることができます。

 

あなたの早漏の原因はどれ?今すぐチェック!

 

ぜひチェックしてください。