意外と短い?早漏の基準は○○分以下だった!

 

早漏で悩んでいる方は少なくないと思いますが、
そもそも早漏の基準を知っていますか。

 

1分以上射精しなければ早漏ではないとする人もいますし、
5分はもたないと早漏であるという人もいますよね。

 

ここでは「どこからが早漏なのか?」という事について、医学的にしっかり説明していきます。

 

 

どこからが早漏なのか?

 

早漏の基準に関して、まずはWikipediaを見てみましょう。

 

「膣内に挿入後30秒間射精を我慢できない状態」とも、「1分または2分」とも言われる。

と記載されていました。
全然はっきりとした記述ではありませんよね。

 

ですから、もっときちんと調査してみました。

 

国内の資料に加え、国外の研究資料もチェックしました。

 

 

そこで、意義深い資料を発見することができました。

 

早漏の定義に関する文書が、ISSM(国際性機能学会)という機関から提示されていたのです。

 

早漏は、常に、またはほぼ常に挿入前または挿入後

1分以内に射精することを特徴とする男性の性機能不全で、
すべてまたはほぼすべての膣挿入で射精を遅らせることができないこと、
さらに苦痛、煩わしさ、欲求不満および/または性的親密さの回避のような
負の影響をもたらす

 

 

少しややこしい記述ですよね。

 

噛み砕いて説明しますと、
早漏とは入れてから1分経たずに射精すること。
射精を制御できないことが原因で精神が辛くなること

であると言えます。

 

多くの方が気にしているであろう「時間」については1分という事になっています。

 

 

これに関しては、個人的に「そうだよなあ」と思います。

 

私のブログで実施しているアンケートにおいても、
1分未満と回答している方が一番多かったからです。
ですから「1分」が早漏の基準なのではないかと、前々から思っていました。

 

 

明確に定義するのは難しい部分も

 

 

では、例えば1分30秒もてば早漏ではないのでしょうか?
この問いには、素直に頷けない人が多いと思います。

 

「○分以下から早漏」とハッキリ定義するのは困難です。

 

 

そもそも、女性によっても捉え方は千差万別です。

 

10分はピストン運動をしてくれないと満足できない方もいますし、
1分くらいでも十分という女性も存在するはずです。

 

「○分!」と一律に言うことはできないのです。

 

 

実際、この事に関してはWHOが触れています。
WHOの疾病統計レポートには以下のように記載されています。

 

「射精の制御ができないために両者がセックスを楽しめなくなっている状態を早漏と言う」

 

 

また、「泌尿器外科」という国内の学術研究誌には
「女性が望む持続時間に満たないのであれば早漏」と、
記載されています。

 

 

つまり、あなたが早漏かどうかは女性が決めるという事です。

 

女性が早漏だと思えば、早漏。
早漏ではないと思えば、早漏ではない。

 

男性としては頭を抱えるような回答かもしれませんが、
これが一番正確な基準であると言えます。

 

 

では、女性はどれくらいで事足りるのでしょうか?

 

日性会誌「よりよい性生活に関する意識調査」には、
「女性は10分程度持続する事を求めている」と記載されています。

 

となると、先述の「1分」では全く足りないという事になります。

 

女性目線で言えば10分経たずに射精するのであれば早漏なのです。

 

10分というのは、早漏と言うほどではない男性にとっても高いハードルかもしれません。
ですが、女性がそう感じているのですから受け入れるしかありませんよね。

 

最低10分は射精を制御できるようになるのがベストだと思います。

 

 

もちろん10分でも満足しない女性もいるわけですから、
理想は、女性に合わせて射精までの時間を変えることでしょう。

 

アダム徳永さん(SEXセラピスト)は、「たった3分からの大逆転」という本の中で、
「射精を制御できないのであれば、例外なく早漏です」
と語っています。

 

つまり、そもそも「何分か」という事ではなく、
「射精の制御ができるか否か」が大切だという事ですね。

 

 

射精を制御する方法については、以下の記事を参考にしてください。

 

これで早漏卒業!射精をコントロールする方法

 

 

早漏の原因を知ることも大切

 

早漏を治す前に、まずは自分の早漏の原因を把握しておくことも大切です。
早漏の原因は主に、過敏性と心因性の2タイプに分かれます。

 

以下のチェックシートでは、簡単な質問に答えるだけで、
あなたの早漏がどちらのタイプか?がわかります。

     ↓↓

 

あなたの早漏の原因はどれ?今すぐチェック!

 

自分の早漏の原因がいまいちわからない人は、
ぜひ活用してください。