ポゼット通販はここ

 

人気の早漏薬プリリジーのジェネリック医薬品が
「ポゼット」
です。

 

ポゼットは、成分がプリリジーと同じでありながら、
価格が大幅に安くなっている
ため、お試ししやすいです。

 

こちらの通販にポゼットの取り扱いがあります。
    ↓↓

 

 

送料無料なので、おすすめです。

 


通常版プリリジーはこちら

 

もちろん、ジェネリック版ではなく、通常版のプリリジーも
通販で取り扱いがあります。

 

「ジェネリックは嫌だ!」「本家プリリジーがいい!」
という方は、値段は高くなりますが、
通常のプリリジーを購入するのがいいでしょう。
通販だと、クリニックと違って診察代がかからないため、
お得です。

 

プリリジーは、こちらの通販に取り扱いがあります。
    ↓↓

 

 


そもそも早漏の原因とは?

 

※ここからは早漏薬の効果や副作用について解説します。

 

早漏治療薬の効果を説明する前に、
まずは早漏の原因についてお話しします。

 

原因がわからなければ、なぜ効果があるのか?
わかりませんから。

 

 

早漏の原因は2つあって、
1つが性器が過敏であること、
もう1つがセロトニンが不足していることです。

 

 

【原因1】性器が過敏である

 

性器が過敏であるのは、特に包茎の人に多いです。

 

包茎の場合、亀頭が皮におおわれ、普段は刺激にさらされません。

 

刺激に慣れていないのに性行為などで刺激が加わると、
過剰に反応してしまい、早く射精してしまいます。

 

刺激に弱いことが原因であれば、
リドスプレーなどの早漏防止スプレーを使う、
あるいは、ペニスを鍛えるトレーニングをする、
といったことをすれば治る場合が多いです。

 

 

【原因2】セロトニンが不足している

 

一方、セロトニン不足が原因である早漏は少し厄介です。

 

最近の研究によれば、早漏になるのは、
体質的にセロトニンが不足していることが原因である
といわれています。

 

セロトニンとは、噛み砕いて説明すれば、
冷静さを保つためのリラックス物質だと思ってください。

 

セロトニンは脳内にある神経伝達物資であり、
不足すると、ストレスがたまりやすくなる他に、
興奮を抑えられず早漏になることがあります。

 

早漏の人は遺伝的にセロトニン不足になっており、
性行為の時に興奮しすぎる傾向にあります。

 

興奮しすぎれば、射精までの時間が短くなるのは
言うまでもありません。

 

また、セロトニンは脳内物質ですから、ビタミンのように
何かを食べれば簡単に補えるわけではありません。

 

 

自分の早漏の原因を調べるには

 

性器が過敏であることが原因の早漏を過敏性早漏
セロトニン不足が原因である早漏を心因性早漏と呼びます。

 

自分の早漏がどちらのタイプであるか?は
なかなかわからないものです。

 

たとえば、私は自分では心因性早漏だと思っていましたが、
調べてみると過敏性早漏であることが判明しました。

 

早漏の原因を調べるには以下のチェックシートを参考にしてください。

 

あなたの早漏の原因はどれ?今すぐチェック!

 

 

 


プリリジーが早漏に効果がある理由

 

さきほど早漏の原因の1つがセロトニン不足であると言いました。

 

早漏治療薬が効果があるのは、セロトニンを補う効果があるからなんです。

 

早漏治療薬には「ダポキセチン」という成分が含まれています。

 

ダポキセチンには、セロトニンを増やす効果があるとされます。

 

セロトニンを増やし、興奮をおさえることができるようになり、
結果として早漏を防止できるわけです。

 

 

ダポキセチン誕生のきっかけは、鬱病患者が抗うつ剤を飲んで
遅漏になったことだと言われています。

 

パキシルなどSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)の抗うつ剤には、
セロトニンを補う効果があります。

 

セロトニンが増えるので、副作用として
射精までの時間が長くなってしまい遅漏になる場合もあります。

 

 

このことに目を付けて、早漏治療薬としてダポキセチンが開発されました。

 

ダポキセチンは、従来の抗うつ剤のように副作用は少なく、
それでいて早漏を改善する効果をしっかり得られます。

 

臨床テストによれば、平均54秒しか持たない早漏男性たちが、
ダポキセチンを飲んで、平均4分11秒まで時間が延びたという結果がでています。
つまり、持続時間が平均で約4倍になったということです。

 

 

ダポキセチンを配合した早漏薬で最も有名なのがプリリジーです。
現在、ヨーロッパを中心に世界60カ国以上で広く使われている、
人気の治療薬です。

 

プリリジーの飲み方はシンプルで、
行為の1時間前に飲むだけです。

 

バイアグラなどのように食事の影響を受けないので、
食後に飲んでも構いません。

 

効果の持続時間は3時間から長くて5時間までです。
ですから飲むタイミングとしては行為の1時間前がいいです。

 


プリリジーの副作用

 

プリリジーなどのダポキセチンを配合した早漏薬は、
副作用は少ないです。
発症率は1%〜9%と言われており、
副作用が出る人より出ない人の方が圧倒的に多いです。

 

副作用の主な症状としては

  • 吐き気
  • めまい
  • 下痢
  • 嘔吐
  • 頭痛

などです。

 

もし副作用が気になる場合は、少量から飲むといいでしょう。
薬の量が少なければ、それだけ副作用も減ります。

 

 

効き過ぎるという副作用

 

医学的に正式な副作用ではありませんが、
「効きすぎる」というのも副作用の一種だと考えられます。

 

ダポキセチンは、想像以上に、効果の強い成分です。
軽度の早漏の人なら、遅漏になってしまう恐れがあります。

 

「遅漏ならむしろ歓迎!」と思うかもしれませんが、
実際には問題です。

 

いくら時間が経っても射精しないのですから、
疲れてしまいます。

 

どれくらい効き目があるかどうかは個人差があるので
何とも言えませんが、1回目の服用では、
1錠をピルカッターで半分して、分量を調節して飲むのがいいでしょう。

 


早漏治療薬は病院では処方できません

 

プリリジーなどの早漏治療薬は、
残念ながら日本ではまだ認可がおりていません。

 

よって、病院で行ってもらうことはできません。

 

また、同様の理由で、薬局にも取り扱いがありません。

 

 

早漏治療薬を手に入れるには、個人輸入しか手段がありません。

 

個人輸入とは、個人で海外から物を輸入することです。

 

日本で認められていない薬について、
個人で飲む分であれば、個人輸入で取り寄せることは許されています。

 

当然、プリリジーなどの早漏薬についても、
個人輸入は認められており、合法です。

 

個人輸入といっても、自分ひとりで輸入するのは面倒なので、
実際には、代行業者にお願いすることになります。

 

おくすりの個人輸入を代行してくれるサイトがあるので、
そういったサイトから買うのがいいでしょう。
(ちなみに、楽天やアマゾンには、お薬を個人輸入してくれる業者はいません。
必ず専門の業者から仕入れましょう。)


ジェネリック医薬品が圧倒的にお得!

 

プリリジーが早漏治療薬の中で最も有名です。

 

ただし、値段が高いのが欠点です。

 

プリリジーの相場価格は1箱で約9千円ほど。
1箱には3錠しか入っていないので、
1錠あたり約3,000円もすることになります。

 

毎回、性交のたびに3,000円も使うのは、
さすがにもったいないのではないでしょうか。

 

コストを考えれば、ジェネリック医薬品の方がおすすめです。
(ジェネリック医薬品とは、先発薬と成分が全く同じで、
製造コストが安い薬になります。)

 

プリリジーには「ポゼット」というジェネリック医薬品が存在します。

 

ポゼットにもプリリジーと同様に、有効成分ダポキセチンが入っているので、
効果は変わりません。

 

価格は、1錠200円程度です。
これはプリリジーの10分の1以下であり、圧倒的に安くなっています。

 

効果が同じであれば、価格が安い方がいいに決まっていますよね。

 

 

プリリジーに比べてポゼットの取り扱いがあるサイトは少ないのですが、
以下のサイトにはポゼットがありました。
     ↓↓

 

 

少しでも安く早漏治療薬を手に入れたいなら、おすすめです。