あなたの早漏の原因はどれ?

 

早漏の原因は大きく分けて2つしかありません。

  • 過敏性早漏
  • 心因性早漏

 

どのタイプの早漏か?によって対策のたて方も変わります。
まずはご自身の早漏の原因をつきとめてみましょう。

 

以下の簡単な質問に答えるだけでわかります。

早漏の原因チェックシート

 

質問1

前戯中や挿入前など、ペニスに何も刺激を受けていないのに、
興奮して射精してしまったことがありますか?

 

→YESならこちらへ

 

→NOなら、このまま質問2に移動してください

 

 

質問2

以下に当てはまるかどうかをチェックしてください。
当てはまるなら○、当てはまらないなら×。

  1. 包茎である
  2. 女性器の締め付けに弱くてイッてしまう
  3. 手コキされるとイキそうになる
  4. 入浴時に亀頭を洗うとゾクゾクとした感じがする

 

→○の数が2つ以上ある場合はこちらへ

 

→○の数が2つ未満ならこちらへ

 

 

あなたは過敏性早漏です

 

過敏性早漏とは、ペニスが刺激に弱いことが原因による早漏です。
少しの摩擦・刺激でも気持ち良くて我慢できないため、
結果的に早くイッてしまうのです。

 

では、そもそもなぜ過敏性早漏になってしまったのでしょうか。

 

原因は2つあります。

 

1つはオナニーを早く済ませる習慣があることです。
あなたはオナニーはいつもどれくらいで終わりますか?
もしかしたら1分以下など早く済ませていませんか。
そのように早く抜く行為を繰り返していると、
ペニスに刺激を受けたら”条件反射”で即射精してしまうようになります。
まるでパブロフの犬です。

 

もう1つは包茎であることです。
包茎の人は早漏になりやすいです。
なぜなら、一番敏感な亀頭が分厚い皮で覆われており
”過保護な状態”となっているからです。
それゆえ、普段、守られている亀頭が刺激を受けると、
刺激に過剰に反応してしまい、早くイキやすくなります。
いってみれば、過保護に育てられた子供が大人になり、
社会でちょっと辛い出来事があったら、我慢できずに逃げ出して
しまうのに似ています。

 

とはいえ、包茎手術を受けろとは言いません。
ここでは説明を割愛しますが、包茎手術には問題があるからです。
包茎であっても、次に紹介するトレーニングをすれば
早漏を克服できます。

 

 

過敏性早漏の対策

 

過敏性早漏の対策は2つあります。

 

1つは、リドスプレーなどの早漏防止スプレーを使うことです。
スプレーには麻酔成分が含まれており、
これをペニスに吹きかければ一時的に鈍感にできます。
一見お手軽に思えるかもしれませんが、使い方が結構めんどうです。
行為の30分前にスプレーを吹きかけ、
それから15分後にスプレーをシャワーで洗い流すというステップを
踏まなければいけません。
しかも、効果は一時的なものであり、根本的に早漏を治すものではありません。

 

もう1つは、トレーニングによってペニスを鍛える方法です。
体が貧弱であれば筋トレをすればいいのと同じで、
ペニスが刺激に弱ければトレーニングで鍛えればいいだけです。

 

具体的には、亀頭をマッサージするように刺激していきます。
ペニスの特に敏感な刺激を与えつつ、さらに射精を我慢することで、
刺激に強いペニスができあがります。

 

実はこれ、AV男優もやっているトレーニングです。
あまり知られていませんが、AV男優には早漏が多いです。
早漏だけど、特殊なトレーニングとテクニックによって
射精をコントロールしているだけなんですね。

 

AV男優が教える早漏対策トレーニングについて知りたければ、
以下のサイトをご覧ください。

 

>>現役AV男優スパーキー佐藤が教える早漏対策

 

 

 


あなたは心因性早漏です

 

心因性早漏とは、ペニスへの刺激というより、
どちらかというと性的に興奮しすぎることが原因の早漏です。
極端な例では、女性の裸を見ただけで射精してしまう人もいます。
そこまでいかなくても、挿入直前に
ペニスにコンドームを付けている最中に射精してしまったという経験はないでしょうか。
これは、コンドームを付ける際の刺激のせいというより、
これから挿入することに対して過度に興奮してしまった結果、射精してしまったのではないかと思います。
男にとって挿入する瞬間が一番興奮しますからね。

 

当然ですが、興奮すればするほど射精しやすくなります。
(全く興奮せず冷静なまま射精する人はいないと思います。)
いってみればSEX中に”興奮しすぎ”なことが早漏の原因なわけです。

 

そもそもなぜ興奮しすぎてしまうのでしょうか。

 

1つは、単純に経験が少ないからです。
経験が少なく、慣れていないため、
目の前の女性の裸や喘ぎ声に対して、過剰に興奮してしまうのです。
この場合、経験を積むにつれ、早漏も改善されることがあります。

 

もう1つは、セロトニンが不足しているからです。
セロトニンとは、わかりやすく言えば、リラックスさせる効果のある脳内物質です。
海外の研究では、早漏の人はセロトニンが不足していると報告されています。
セロトニンが不足していれば、リラックスできず落ち着かない状態になります。
SEXの時も冷静でいられず興奮しすぎてしまうのです。
セロトニン不足を解消するために、薬を飲むという方法もありますが、
副作用の心配があるのでおすすめしません。

 

いずれの原因にせよ、行為中に興奮をおさえることができれば、早漏は解決します。

 

 

心因性早漏の対策

 

心因性早漏は、どちらかというと精神的な問題ですから、
ペニスを鍛えるトレーニングよりも、興奮をおさえる訓練をした方がいいです。

 

興奮をおさえるテクニックは、有名なものだと、以下のようなものがあります。

  • 嫌なこと、またはブス・おばさんの顔を思い浮かべる
  • 深呼吸をする

 

要は、興奮が一瞬で冷めるようなことをすればいいわけです。
たとえば、仕事でやらなければいけないこと、母親の顔、を思い浮かべれば、
一気に興奮が冷めることでしょう。
また、深呼吸も効果的です。
深呼吸にはリラックス効果があります。
イキそうになったら、いったん深呼吸をすれば、早漏を防ぐことができます。

 

さらに、自分の興奮レベルを把握することも大切です。
元早漏のAV男優スパーキー佐藤によれば、勃起から射精まで6つのレベルがあるそうです。
興奮レベル3の場合は、射精を止めるのが簡単、
しかし興奮レベル5の場合は、AV男優ですら射精を止めるのが難しいそうです。
いってみれば、車のブレーキと一緒です。
速度30キロでブレーキを踏めば、その場ですぐ止まるでしょう。
しかし、速度150キロでブレーキを踏んでも、その場ですぐに止まるのは難しいでしょう。
同じように、SEX中の興奮レベルを把握しておくことが射精を防ぐために重要なんです。

 

興奮レベルについて詳しく知りたければ、
以下の以下のサイトをご覧ください。

 

>>現役AV男優スパーキー佐藤が教える早漏対策

 

 

 


【例外】40代以上なら衰弱性早漏の疑いあり!

 

ここまで過敏性早漏と心因性早漏の2つを解説してきました。
しかし、実はこれら以外にも早漏の原因はあります。

 

衰弱性早漏のというものです。

 

これは射精閉鎖筋という筋肉が衰えていることが原因の早漏です。
射精閉鎖筋とは、簡単に言えば、射精を制御する時に使う筋肉です。
この射精閉鎖筋は、年齢とともに衰える傾向にあります。

 

もしあなたが40代以上で、かつ、若い頃は早漏じゃなかったのに
最近、早漏になってしまった
という場合。
衰弱性早漏の疑いがあります。

 

衰弱性早漏の対策

 

衰弱性早漏の対策はシンプルです。
射精閉鎖筋を鍛えるだけです。

 

とはいえ、射精閉鎖筋を直接鍛えるのは体の構造上、難しいです。
そこで、ある筋肉を鍛えることで間接的に射精閉鎖筋を鍛えます。
トレーニング方法については、
スパーキー佐藤というAV男優が動画でわかりやすく解説していますよ。
くわしくは、以下のサイトをご覧ください。

 

>>現役AV男優スパーキー佐藤が教える早漏対策